News Release

ニュースリリース

Menu

ニューバランスはGLSENに10万ドルを寄付し「CHANGING THE GAME」プログラムをサポートします

ボストンに拠点を置くニューバランス アスレチックスは、小学生から高校生までのLGBTQ+の問題に焦点を当てた米国拠点の組織であるGLSENに10万ドルを寄付し活動をサポートしています。

ボストンに拠点を置くニューバランス アスレチックスは、2年連続で小学生から高校生までのLGBTQ+の問題に焦点を当てた米国拠点の組織であるGLSENをサポートしています。新しい複数年の関係の一環として、ニューバランスは、スポーツのためのロッカールームと競技場に安全なスペースを作ることを目的としたGLSENの「CHANGING THE GAME」プログラムを直接サポートするために、2年間で10万ドルを寄付することを約束しました。ニューバランスはこの寄付に加えて、グローバルプラットフォームを活用しGLSENの使命をさらに支援してまいります。
※この支援は米国内において実施されます

  ニューバランス アスレチックスのブランドマーケティング&オペレーションズ グローバルディレクターであるイアン・フィッツパトリックは次のように述べています。「多様性とインクルージョンの重要性を認めるグローバル企業として、ニューバランス アスレチックス社は世界中のLGBTQ+コミュニティを祝福できることを誇りに思います。私たちは、すべてのアスリートがプレーするための障害や障壁を取り除き、平等な競技場を作ることを信じています。」

 ニューバランスからの資金提供は、2011年に最初に開発されたGLSENの「CHANGING THE GAME」プログラムの2020年度の活動をサポートし、学生アスリートたちすべてを受け入れ、鼓舞し、そしてより安全なスペースをつくる活動を支援します。このプログラムの使命は、性的指向や性同一性/表現に関係なく、すべての生徒、教師、コーチが尊重、安全、平等にアクセスできるという基本原則に基づいて、運動と体育の環境を作り、維持するために米国の学校を支援し、安全で敬意を持った学校風土と文化を築くことにつなげてまいります。 

 この「CHANGING THE GAME」プログラムは、デジタルリソース(ウェビナーおよびその他のツール)、トレーニング、および3つのPの原則(Participation:参加、Practice:練習、Play:プレー)に焦点を当てたアンバサダープログラムを提供します。2020年には、200以上の学校において少なくとも250人の教育者が直接またはデジタルでこのトレーニングを受けます。TeamNBのアスリートは安全なロッカールーム環境をつくっていくにあたり極めて重要な役割を果たすことができるため、ニューバランスのアスリートたちもこのトレーニングを受けます。ニューバランスのリーダーシップとアソシエイトもトレーニングに参加します。

 GLSENは、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア太平洋の30か国以上に組織パートナーを持ち、自国のLGBTQ+学生のニーズに対処するための技術支援を提供しています。「CHANGING THE GAME」プログラムのデジタルトレーニングは、ウェビナーやその他のツールを介して、GLSENと世界中のパートナーを通じて今夏実施される予定です。

■GLSENについて
GLSENは、性的指向、性同一性、または性別の表現に関係なく、安全で包括的な学校をすべての生徒たちに提供するために存在しています。なぜなら、子供たちは自分の幸福と教育のどちらかを選択しなければならないという状況はあってはならないからです。毎年、GLSENのプログラムとリソースは、国、州、および地方レベルでの行動を通じて、幼稚園から高校までの数百万人の生徒と教育者に到達しています。GLSENは30年以上に渡る取り組みを通じて、全米のLGBTQ生徒の環境を改善し、教育におけるLGBTQの問題に取り組み、すべての学校で尊敬を促進するための国際的な運動を開始しました。GLSENのポリシーアドボカシー、学生リーダーシップイニシアチブ、学校ベースのプログラム、研究、教育者向けの専門能力開発に関する詳細はこちらをご覧ください。
www.glsen.org

一覧に戻る